四季折々(日々彦・詩歌の記録)

主に俳句、付随して詩歌などの記録

◎阪神淡路大震災を詠む」に触れて

〇『阪神大震災を詠む』(朝日新聞社、1995年)から
 ここ数日、阪神大震災関連の短歌、俳句を詠んだ。

 その中で、朝日新聞社の企画「阪神大震災を詠む」に投稿された詠草の数は、三週間ばかりの間に、一万七千余通と言われている。朝日歌壇、句壇の選者がその中から選んだものを1冊にした。


 過酷な状況の中で、空白感をコトバにしてみる、何かの思いを詠まずにはいられない、悲しみへの共感、自己治癒、自己慰安という要素もあるだろう。その生々しい臨場感と迫力とにより、その時点での歴史の断面としての記録として貴重なもののような気がする。わたしの印象に残った歌、句を記録しておく。

 

・わがひざに打ち慄えいる老妻を抱き孤独ならざる幸を噛みしむ (神戸市 友井政雄)
・両の手に三人の子をしかと抱き土砂に埋れて居し母なりと聞く (尼崎市 中村静枝)
・子を抱え地鳴りの中を逃れ来て血だらけの腕血だらけの足 (神戸市 杉岡壱風)
・たよりなき生徒を尋ね歩く日の廃墟の街は迷路のごとし (神戸市 岩尾淳子)
・死なせてはならぬ友なり繋がらず地虫のように電話は鳴るに (西宮市 舟坂たかし)
・地軸少し傾く地球にいま少し謙虚にあろうよ小鳥のように (宝塚市 桂 保子)
・襲いくる余震のたびに幼等は「怖くないよ」と子犬をかばう (尼崎市 愛川弘文)
・被災地の瓦礫にいつか住みつきし雀が卵生みておるなり (阪南市 湯本寿男)
・一夜明け瓦礫の底にくぐもれる起こす主なき目覚しのベル (神戸市 岡田 淳)
・かなしくも四五日分のひげ伸びて怪我ひとつなき遺体掘り出ず (西宮市 岩佐栄三)

 

・選を終えて 馬場あき子(一部抜粋)
〈巧拙を超えて、震災の歌全体に流れていた大きなテーマは、平安な日常のとうとさの発見であり、肉親の絆の切なさや、人間的な愛の発見であり、何よりも生きている命のとうとさの発見であった。それが私たちの眠りこけて弛緩した日常を撃ってやまないのである。〉

 

・放心をくるむ毛布一枚に (神戸市 山田弘子)
・もらひ風呂総身の恐怖流しけり (西宮市 田村きみ子)
・強震の一過水仙ふと匂ふ (宝塚市 桝井順子)
・生かされし命を抱き冬日浴ぶ (神戸市 西野郁子)
・大地震のあとのさみどり冬菜摘む 宝塚市 堺谷真人)
・寒餅の切口見せて高架落つ (川西市 吉田勝昭)
・火事あとに真白き乳を哭きて捨つ (神戸市 盛岡翠月)
・雪晴れの瓦礫に遺体運び出す (西宮市 南川加代子)
・妻ここに逝くとの告知雪降れり (吹田市 幡谷秀美)
・検死さる兄まだ温く余震なほ (兵庫市 高田菲路)

 

・選を終えて 金子兜太(一部抜粋)
〈とにかく書く、俳句があるから書くという衝撃の切実さまでが伝わってきて、俳句が日常詩として人々の愛好を得てきて、極限状況の日常でも力になっていることを、わたしは知らされた。〉

※初出2017-01-22

ーーー

◎『悲傷と鎮魂 阪神大震災を詠む』

※1995年1月17日、淡路島付近を震源とする淡路阪神大震災は数多くの人命を奪い、建造物等の被害は莫大なものとなった。

 この巨大地震は「豊か」といわれてきた私たちの社会や暮らしが、決して堅固なものではなく、いつ崩落するか分からない。もろくはかないということを教えてくれたともいえる。被災地の人々を襲った運命はまた明日の私たちのそれでもあると思う。

『悲傷と鎮魂 阪神大震災を詠む』は、現代を代表する歌人俳人詩人に詠まれた作品をご寄稿願い、単行本として緊急に出版することにした。(斎藤慎爾「編集の余白に」より」

 現代を代表する歌人、俳人、詩人、作家297名が阪神大震災で亡くなった人々、廃墟となった故郷への哀悼を新生への祈願をこめて寄稿した、鎮魂の紙碑である。

 ここから、印象に残った俳句を選んだ。(2句は他から挙げた)

 

〇『悲傷と鎮魂 阪神大震災を詠む』から

・倒・裂・破・崩・礫の街寒雀 友岡子郷

・日々余震日々紅玉の林檎届き 友岡子郷

・寒暁や神の一撃もて明くる 和田悟朗

・永劫の途中に生きて花を見る 和田悟朗

・枯れ草や大孤独居士ここに居る 永田耕衣

・白梅や天没地没虚空没  永田耕衣

・子郷・悟朗・耕衣老冬いかにいかに 宮坂静生

・烈震のあとひたむきに梅開く 瀬戸内寂聴

・半世紀戦後の春のみな虚し 瀬戸内寂聴

・生きてゆく声交わしつつのつぺ汁 赤尾恵以

・寒暁や生きてゐし声身を出づる 桂信子

・焼跡に生き抜く焚火太く焚く 大串章

・震災のおのが家財を焚火とし 檜紀代

・地震の地も芽吹きかくやと信じけり 仁藤壺天

・地震に根を痛めし並木下萌ゆる 稲畑汀子

・焼け跡に水仙芽吹く天指して 吉村公三郎

・凍蝶のあかとき地震の炎かな 柚木紀子

・マスクして即死の額囲みたる 宇多喜代子

・冬銀河高速道路墜ちゆけり 杉本雷造

・国ひとつ叩き潰して寒のなゐ 安東次男

 

※参照・『悲傷と鎮魂 阪神大震災を詠む』(朝日出版社、1995)

2019-01-24初出